薬用スペラゲンは楽天で!
30代からの薄毛予防♪ 薬用リリィジュミストトライアルセット 

健康

薄毛白書

NPO法人の毛髪医学研究会というところが「髪に関するアンケート調査結果」が発表されました。

髪の悩みで医療機関に訪れた2000人からアンケートをとった結果、「最近、急に髪がたくさん抜けるようになったみたい」「父親のように、生え際が後退するのではと心配で」。

近ごろ、薄毛について悩む人が増えています。国内の薄毛人口は1000万人以上。20年前の1.7倍に増えている、という調査結果もあります。

単に薄毛人口が増えているだけではありません。

これまで薄毛は、おもに中高年男性特有の問題とされてきましたが、このごろでは中高年女性や若い男性、さらには若い女性までが気にするようになっています。

いったいなぜなのでしょうか?

背景の一つは食生活です。

手軽に食べられるファストフードやスナック菓子、インスタント食品が広がったおかげで、髪に必要なビタミン、ミネラルなどの栄養が不足しがちに。

ダイエットに励む女性も増え、なおさら髪に深刻なダメージを受ける人が増えてしまいました。

もうひとつはストレス。

不況が長引いたせいか、ここ数年、仕事の多忙さや人間関係に悩む人がぐっと増えました。

そんななか、ストレスによって血行やホルモン分泌が阻害され、頭皮のトラブルを抱えてしまうケースも。

このほか、喫煙や過度の洗髪など、いくつかの要因が複雑に絡み合った結果、髪の健康度が低下。

薄毛への危機感を抱く人が増えた―というわけです。(以上Yahooヘルスケアより)


やっぱり現代の生活習慣の変化によって色んなところにトラブルが出てきてるみたいですね。

バランスの取れた食事とストレスの無い生活を送るのが一番なんです。

でもこれが、なかなか出来ないんですよ〜。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17571875
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。