薬用スペラゲンは楽天で!
30代からの薄毛予防♪ 薬用リリィジュミストトライアルセット 

脱毛症の種類

脱毛症

脱毛症にも色々な症状があります。

○壮年性脱毛症
ヘアサイクルの成長期が短くなり、硬毛が軟毛化する脱毛症です。成人になった男性で徐々に脱毛が進展する脱毛症を指します。

特徴は前頭部と頭頂部の髪が薄くなります。どちらか一方、または双方から薄くなっていきます。また、額の左右の上部から薄くなり始め、アルファベットのMのように、徐々に頭頂部に向かうパターンもありますが、これは日本人には少なく、欧米人に多いといわれています。

○男性型脱毛症(AGA)
男性の10人に1人の割合で発症するとされ、主に30〜40歳代から症状が目立ってくる。頭部全体ではなく、頭頂部と額の生えぎわから起こります。原因として、「男性ホルモン」が大きく関与しているといわれています。

○円形脱毛症
何の前ぶれもなく突然、髪が円形や不整形に抜けてしまう。男性も女性も、赤ちゃんからお年寄りまで誰にでも起こります。
以前まで、ストレスが原因とされていたが、最近、「自己免疫機能」と関係が深いことがわかってきています。

髪の悩みはまず専門家にご相談を!






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20575755
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。