薬用スペラゲンは楽天で!
30代からの薄毛予防♪ 薬用リリィジュミストトライアルセット 

脱毛症の種類

脱毛症、何歳から薄くなるのか?

脱毛の症状は様々な要因からあらわれます。こんな事からも出てくるんですよ!

抜毛症(ばつもうしょう)とは、学童期の子供に多い一種のクセで、正常な毛を自分で抜いてしまう症状です。

精神的なストレスが引き金になることが多いよう。頭髪の一部を指でつまんで抜くため、脱毛箇所は不規則な形をしています。

脂漏性湿疹、「マラセチア菌」は誰にでも存在するといわれている真菌です。
この真菌が増殖すると皮膚に炎症を起こし、フケやかゆみといった症状を引き起こします。

そしてその炎症が悪化してしまうと毛髪の毛穴にまで波及して毛穴が毛根を保持できなくなり、脱毛を引き起こす恐れがあるともいわれている。

そのほか、脱毛の原因になるのが、甲状腺分泌機能障害や、膠原病、梅毒など、全身性の病気によって脱毛が起こる場合があり、この場合は頭髪が全体的に薄くなります。

また、女性は出産後に抜け毛が多くなることもありますが、これはホルモンバランスの変化によるもので、時間の経過とともにもとの状態に戻ります。

じゃぁ、脱毛症は何歳から薄くなるのか?
もちろん個人差があり、その程度もさまざまです。

男性の場合、早い人は18歳前後から脱毛が始まることもあります。また、30代後半から急激な脱毛が進むこともあり、年齢や進行のスピードにかなり幅があるようです。

遺伝のほか、ストレスや偏った食生活、不規則な生活などが続けば、20代、30代前半からでも薄くなり、年齢より老けて見えてしまうこともあります。

気になる人は、早いうちに手を打ったほうが良いかも??


コメント・トラックバック・相互リンク大大大募集中です!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。