薬用スペラゲンは楽天で!
30代からの薄毛予防♪ 薬用リリィジュミストトライアルセット 

コラム

ハゲの噂話ウソホント

毎日毎日暑いですね〜。普段営業マンしている諭吉には夏場の外回りはツライッス。

「○○ならハゲる」とかいう話って多いですよね。今回はその中のいくつかを検証してみました。

@ヘルメットをかぶるとハゲ

日常的にヘルメットをかぶっていると、汗で地肌がむれて真菌(カビ)が繁殖しやすい状況になり、毛穴に炎症を起こしやすくなります。この炎症が抜け毛の原因になることはあるので、髪のことを考えるとヘルメットはあまりよくないかもしれません。
しかし仕事上必要な場合はかぶらないわけにはいかないので、対策としては、できるだけヘルメットをかぶる時間を短くし、洗髪をキチンと行い頭皮を清潔にすることです。特に夏場は意識して頭皮を清潔に保ちましょう。

Aワカメ、コンブを食べていればハゲない

実は「これさえ食べていればハゲない」という食物はありません。昔から「海藻類は髪にいい」と言われていますが、発毛効果があるとか、若ハゲの予防になるとかの裏付けはありません。ただ、海藻類はミネラル成分が豊富で、体に良い食べ物なので、髪を含めた全身の健康維持のためには他の食物同様にバランス良く摂ることをお勧めします。

B硬い毛の人はハゲない?

一般的に柔らかい毛質の人は髪がデリケートで、地肌も弱い場合が多いと言われています。逆に毛が硬く毛量が多い人は毛質も地肌も比較的丈夫な人が多いようです。ハゲる要因のひとつには地肌(頭皮)の問題が大きく関わってくるので、ある部分当たっているのかもしれません。しかし、あくまでも一般的な話で医学的根拠はありません。

C毛深い人ほどハゲやすい

頭髪をつかさどるのは女性ホルモンです。それ以外の体毛は男性ホルモンの働きによります。両方のホルモン分泌量が多い人は、髪も体毛も濃くなるので、かならずしも「毛深いからハゲる」ということにはありません。

Dハゲは遺伝なので予防は無理?

確かにハゲは遺伝的要素が強いですが、生活習慣や身体や髪の手入れ次第で進行を遅らせることは可能でしょう。逆に、親も親戚もハゲていなくても、喫煙、暴飲暴食、不規則な生活、極度なストレス、間違ったヘアケアなどの状況を繰り返していると薄毛になる可能性があります。

どうでしたか?少しは参考になったでしょうか?
結局、ストレスを溜めず、規則正しい生活とバランスの取れた食事をすることが、ハゲの予防になるんでしょうね。


コメント・トラックバック・相互リンク募集中です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20693845
この記事へのトラックバック
減毛回避のススメ メンタル編
真面目、完璧主義はストレスの元。髪のために少しユルめに生きてみては? 相撲界では、髪が結えなくなるほどの薄毛になったら引退しなくてはならないといいます。・・・・・
ブログ名かつら(カツラ)選びの道標


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。