薬用スペラゲンは楽天で!
30代からの薄毛予防♪ 薬用リリィジュミストトライアルセット 

コラム

髪の毛に悪影響の生活習慣 髪の毛に悪影響の生活習慣

頭皮と育毛@情報バンキングの諭吉です。秋らしくなってきましたね!
秋といえば読書、食欲、運動etc
あなたはどれですか?

髪の毛に悪影響の生活習慣とはどんなものでしょう?あたりまえの事ですが、ちょっとみてみましょう!

ワースト5
趣味がない人は、自分だけの時間、好きなことをする時間を持たないため、ストレスを発散することがありません。

ストレスがたまると、身体に悪影響を及ぼします。円形脱毛症はその典型的な例。また、白髪もストレスが原因で生えてきたり、増えたりします。

「楽しい!」と思える趣味を持ちましょう。


ワースト4
あまり運動をしない、移動に車を使うことが多い人は、全身の血流が悪く、運動をしないと酸素の摂取量が減り、毛母細胞に酸素や栄養が取り込めなくなってしまいます。すると、毛母細胞の働きが悪くなり、新しい毛髪が生み出されなくなるのです。

毎日少しでよいので続けられる運動を始めてみませんか。


ワースト3
睡眠は、自律神経を正常にし、心と身体のリズムを修復する時間です。もちろん、毛母細胞も修復されます。そこからまた、新しい毛髪が生まれていきます。また、22:00〜2:00の間は、副交感神経が優位になる時間。その間に、細胞から老廃物が出ていき、栄養が入っていくのです。毛母細胞も生まれ変わる時間でもあります。

その間に睡眠をとっていない人は、要注意。髪の毛に悪影響を与えるだけでなく、身体の機能自体が衰えてしまいます。早寝早起きは、理にかなった習慣なのです。


ワースト2
タバコは血管を収縮させるため、全身の血流が悪くなります。そのため頭皮にまで血液が行き渡らなくなり、毛母細胞に栄養が届かなくなるのです。毛髪の発育に多大な悪影響を与えてしまいます。

タバコは百害あって一利なし、です。

ワースト1
野菜より肉類が好きというあなたは、薄毛になる可能性が大です。肉類は高脂肪、高コレステロールの食品。好んで食べ続けると血液中の脂質が多くなり、皮脂の分泌が過剰になってしまいます。皮脂が多くなると毛穴がつまり、毛髪の成長や新しい毛髪が出てくるのをさまたげる原因になってしまいます。

また、肉類を食べると、体内はもちろん、血管にも中性脂肪がたまっていきます。その結果、血管が細くなって血流が悪くなり、毛母細胞など、身体の隅々まで血液が行き渡らなくなってしまいます。

偏った食事は控えましょう。

どうでしたか?
諭吉はほとんどあてはまってました・・・

全部改善するのは中々難しい事ですが少しずつ見直していきましょう!


皆さんの応援のお陰でランキング上昇中です。感謝!感謝!
人気blogランキングへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック
ハゲからの生還育毛・発毛大作戦!!
私は自分の抜け毛と戦いながら、髪が生えてくることに対して何かいい方法はないかと試行錯誤しながら、ついに自分でできる超画期的発毛法をあみだしたのです。
ブログ名情報発信@情報銀行


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。